ニュースな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 主催者発表と警察発表の差

<<   作成日時 : 2012/07/16 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、代々木公園で行われた
「さようなら原発10万人デモ」に相当数の参加者が集まったようだ。

デモへの参加者には、たくさんの福島から避難してきた方や
福島第一原発の事故が起きる前から、原発の廃止を訴えてきた方も
たくさんいたと思うけど、その真剣な願いの一方で
主催者と警察との、デモの参加者数の発表に
あまりにも大きな開きがあることが、どうしても気になって仕方がない。

主催者は、いったいどうやって人数を数えているのか、
警察は、いったいどうやって人数を数えているのか・・・
この基準がわからないので、判断できないのが難しいところだけれども・・

私は依然、10万人がチケットを購入したライブに参加したことがあるけど
今日の代々木公園での集会やデモの映像を見る限り、
それよりもたくさんの人が集まっていたようには見えなかった。

確かにたくさんの人が集まっていたけれども、
主催者発表の17万人と、警察発表の7万5千人のどちらが正しいのかを
実際に参加したことのあるライブと比べてみると、7万5千人の方が
実態に近いのではないかと思ってしまう。

デモのタイトルが「10万人」だから、主催者としては
それ以上の人数が集まらないと格好がつかないのかもしれないけど
確かに集めたと主張するならば、人数のカウント方法や根拠を示したうえで
警察発表をもとにしたマスコミの報道が間違っていると
主張するべきじゃないのかなと個人的には思うわけです。

まぁ、人数の差なんて、デモの主旨には関係ないし
3連休の最終日にこれだけ多くの人が集まったこと自体は
メディアがこぞって伝えるに値することだと思うから
そこにこだわったところで、大した意味はないんだろうけれども
どうも、この一連の動きが、原発に反対する人々の願いとは関係ないところで
利用されているような気がしてならないんだよなぁ。

そして、個人的には、このデモに参加した人のたとえ一割でもいいから
核兵器廃絶のための運動に参加してくれないものかと感じてしまったりもして。

デモの様子をメディアが報道しない!と
インターネット上で書き連ねる人々の気持ちはわからなくもないけど
今までの広島や長崎の人たちの核廃絶を訴える活動なんて
それこそ、ほとんど大きく取り上げられたことはないんですよね。
それこそ67年もやっているのに・・・

なんて、ねじまがった見方をしてしまったひねくれものの戯れ言でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
主催者発表と警察発表の差 ニュースな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる